効果測定・SNS連携・運用

Google Search Console

Google Search Consoleは、 Googleが無償で提供している、検索結果でのWebサイトのパフォーマンスを監視、管理できるサービスです。
Webサイトをリリース直後に、Google Search Consoleへの登録は必須になります。
Google Search Consoleへ登録することで、より早くGoogleにインデックスを促すことができます。

さらにインデックス後は、Webサイトが Google にどのように認識されているか確認でき、分析によって、検索結果でのWebサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。
コンテンツマーケティングをベースとした、Webサイトの運用には必須のツールと言えます。

Google Analytics

Google Analyticsは、Googleが無償で提供している、高機能なWebサイトのアクセス解析サービスです。
Google Analyticsで解析できるのは大きく分けて以下の5つになります。

●リアルタイム情報
●ユーザー情報
●集客情報(Webサイトまでの経路他)
●ユーザーの行動情報(ページの情報)
●コンバージョン情報

以下その詳細です。

リアルタイム情報 ●現在のアクセス数
●ユーザーがアクセスした地域
●どのサイトから来たのか
●現在見ているページ
●閲覧デバイス
●現在のコンバージョン など
ユーザー情報 ●アクセス数(ユーザー数)
●新規ユーザー数
●ページの閲覧数
●1ユーザーあたりのページの閲覧数
●平均滞在時間
●直帰率
●年齢
●性別
●ユーザー属性(カテゴリー)
●ユーザーがアクセスした国・地域
●ユーザーが使用している言語
●新規とリピーター数
●リピートの回数や感覚
●滞在時間の割合
●ブラウザとOS
●使用しているネットワーク
●使用しているデバイス
●ベンチマーク(参照元、地域、デバイス、ユーザーフロー) など
集客情報(Webサイトまでの経路他) ●参照元の割合
●参照元
●参照サイト
●アクセスした時間帯 など
ユーザーの行動情報(ページの情報) ●行動フロー(ページ遷移)
●ページ毎のアクセス数
●ページ毎の滞在時間
●ページ毎の直帰率
●ページ毎の離脱率
●ページ毎のヒートマップ及びクリック率
●ランディングページ(ユーザーが最初にランディングするページ)のアクセス数
●ランディングページの新規アクセス数
●ランディングページの直帰率
●ランディングページの滞在時間
●ユーザーが離脱するページの一覧
●ページの読み込み速度 など
コンバージョン情報 ●コンバージョン率
●コンバージョンまでの経路
●コンバージョンまでの所要期間 など

Webサイトをリリースし、運用のフローに入った段階では、以上のデータを元に、効果測定を行う必要があります。
Google Analyticsもまた、コンテンツマーケティングをベースとした、Webサイトの運用には必須のツールと言えます。

Facebook対応

様々なSNSがありますが、その中でFacebookは独自の仕様があります。FacebookのPost入力欄へURLを入力すると、そのWebページの画像、タイトル、ディスプリクションが表示されます。
この表示はFacebookが自動で表示しているわけではありません。Webサイトに予め設定しておく必要があります。この設定をOGP設定と言います。
コンテンツマーケティングでは、このFacebook対応(OGP設定)も無視することができません。

運用サポート

弊社ではWebサイトリリース後の、Webサイトの運用を強力にサポートしています。
Google Search Consoleを利用した調査・分析、Google Analyticsを利用した効果測定などを元に提案を行います。より数字にフォーカスしたABテスト等のご依頼も承ります。
お気軽にご相談・お問合せください。

  1. ホーム
  2. テクニカルメニュー
  3. 効果測定・SNS連携・運用