畑づくり、種まきから収穫へ。

「この世を動かす力は希望である。
やがて成長し、果実が得られるという希望がなければ、
農夫は畑に種をまかない。」

中世ドイツで宗教改革を成し遂げたマルティン・ルターの言葉です。

私どもホームページ専科では、
お客様から受託したWeb案件について、
そのホームページに求めるお客様の希望、
いわゆる果実たる成果物を確実に収穫できる農作物(=ホームページ)を、
お客様に代わってつくり、たくましく成長させるお手伝いをすること。
このことが私どもの最大のミッションと捉えています。

その前提として、まずお客様が土壌(畑)に種をまく気になるのかどうか?
それはお客様と明確にゴールを共有し、
栽培から果実収穫に向けた方針とアクションプランにご納得いただくことです。
そのアクションプランは土壌の性質や気候風土、
収穫する果実の特徴を知り尽くすことから始まります。
つまり企業理解を深め、業界・マーケット・競合・ターゲット属性を踏まえ、
独自で固有の、しかも果実が豊作になるためのアクションプランを形作っていきます。
その際少なくとも、私どもの主観や趣味、予定調和を一切無縁とします。
このご提案に共感いただけたら、そのアクションプランに沿って、
畑を耕し、種を植え、肥料を与え、水をまき、発芽させ、
そして力強い幹に健康な枝葉をたくわえた農作物(=ホームページ)を世に送り出します。
その作物にはやがて花が咲き、蜂や様々な昆虫(ターゲットユーザー)が訪問してくれます。

この一連の農作業と自然界の活動(検索エンジン)で得られた作物には、
健康的で栄養価の高い希望の果実がたわわに実ることでしょう。
法人営業のための集客・販売促進、企業ブランディング、リクルーティング、企業広報戦略…

まさに「コンテンツマーケティング」によるプロデュースの実践であり、
万能の栽培方法になるのだと信じて止みません。

アイムアンドカンパニー株式会社
代表取締役社長村田 明英