CMS導入のメリット

よく使用されているコンテンツマーケティングのプラットフォームとして、ブログサービス、SNS、自社サイトなどが挙げられますが、BtoBの場合、まずは基盤のプラットフォームとしてCMSを利用した自社サイトを構築することが一般的です。
CMSは、HTMLやCSSの知識がなくてもブログのように記事ページを追加することがでるの、コンテンツの作成、管理に集中できます。
さらに記事作成時毎に、業者へ記事ページの作成依頼する必要がないので、機会を逃さずタイムリーなコンテンツ配信が可能です。
また、複数の部署や担当者に、CMSのアカウントを発行することで、各部署ごとや各担当者でコンテンツ作成、管理することも可能になります。

そのCMSには様々な種類がありますが、ここではよく利用されている2つのCMSをご紹介します。

WordPress

WordPressは世界で一番利用されているCMSです。CtoC、CtoB、BtoC、BtoBまで幅広く利用されているのでご存知の方も多いでしょう。そのWordPressの最大のメリットはイニシャルコストを抑えられることです。まず無料のソフトウェアというのもありますが、世界で一番利用されているオープンソースのソフトウェアですので、その分プラグインの開発者が非常に多く、機能の拡張が容易にできるという利点があります。
スピーディーにWebサイトを構築し、リアルタイムにコンテンツを配信して行くには最高のCMSと言えます。

WordPressのデメリットはセキュリティリスクがあることです。世界で一番利用されているオープンソースのソフトウェアというのが逆に仇となり、セキュリティ面で不安が残ります。そのためサーバーサイドでのセキュリティ対策というのはもちろんですが、特に注意が必要なのは、WordPressに機能を拡張するプラグインです。悪質なプラグインも存在するため、Webサイトの用途、目的、設計に合わせたプラグインの見極めが重要になります。

Movable Type

Movable Typeはシックス・アパート社が開発・提供している有償のCMS製品です。
WordPressはユーザーがWebサイトにアクセスした際に動的にページを生成して表示させるのに対し、Movable Typeは管理画面から「再構築」という作業でHTMLを書き出すことにより、ユーザーのページ閲覧時はあらかじめ書き出したHTMLファイルを読み込むだけになります。ですので動的に生成するページを閲覧する場合に比べて速く表示ができ、ユーザーのインターネット環境やサーバーの性能に左右されません。

また、WordPressよりも柔軟にWebサイトの設計に対応できます。WordPressをCMSに選ぶ場合はWordPressに合わせたWebサイト設計が必要になりますが、Movable Typeはある程度自由にWebサイトを設計できます。
さらに、Webサイトの管理機能もWordPressより優れています。例えばWordPressは公開されているページの差し替え予約ができません。その差し替え作業が深夜0時に必要だったとします。WordPressは深夜0時にページの差し替え作業を行わなければならいのに対し、Movable Typeは勤務時間内に予めページの差し替え予約ができます。

Movable Typeのデメリットは、Movable Typeは個人ユースでは一般的ではないため、WordPressよりもプラグインの開発者が少ないことが挙げられます。そのため機能の追加をする場合、開発が必要になる場合があります。

WordPress、Movable TypeはWebサイトの用途、目的に対し、それぞれ向き不向きがあります。
弊社では、そのWebサイトの用途、目的を精査し、最適なCMSの提案を行なっています。