01
SCHOOL SITE
PRODUCTION

弊社の学校Webサイトの特徴

1. 『選ばれる学校』を目指すスクールブランディング

生徒・学生の入学志望する意志を捉え、その意志を具現化する『選ばれる学校』のWebサイトづくりが弊社の特徴の一つです。
それは偏差値の高低、受験結果、大学であれば就職結果だけでは語れない、学校そのものが持つ価値感、独自の教育理念や哲学など、オモテに可視化できない潜在価値、無形の資産が社会やターゲットとするユーザーの心理に影響を与え、その結果それが入学願望につながっていきます。

実はこの考察がブランディング行為であり、ブランディングである以上、マーケティング分析を要します。つまり単なる主観や先入観での『選ばれる学校』ではない証がここにあります。

2. 全種別の学校に対応するWeb制作

弊社は学校Webサイト制作の際、学校種別を選ばず、また公立・私立に関わらず、その対応領域にこだわりを持ちません。

  • 大学・大学院
  • 短期大学
  • 高等学校
  • 高等専門学校
  • 専修学校
  • 各種学校
  • 予備校
  • 学習塾
  • 幼稚園
  • 保育園・幼保園

これら、弊社として初めての学校種別でも、前項スクールブランディングの概念に基づき、ゼロベースで要件を積み上げていく手法をとります。
この良さは、たとえ初めて関わる学校種別であっても、むしろ有りがちな先入観や主観を排し、要件を定義していくため、ノイズの無いピュアなコンテンツを実現します。

3. “募集広報”と“スクール広報”の両面

学校のWebサイトの大半は、直接的な生徒集客が目的となっていることが多く、生徒募集サイトといった様相が強い傾向があります。
学校運営で重要な“広報活動”を、弊社はブランディングマターとして重要視しています。
それは様々な学校種別がある中で、生徒集客が中心の学校Webサイトが多いのが実情で、その重要なスクール広報活動の情報発信に活かすことが本来の学校Webサイトであると認識しています。
他校には無い取組み、
入試情報、学校説明会開催、オープンキャンパス等の情報、
新規の講義やカリキュラムの導入情報、
プレスで取り上げられた情報、
自校のアイデンティティやブランドに関する情報、等々、
一見集客に直接つながらないことでも、その中で学校の価値を高める情報が、募集広報と共に大変重要と提唱しています。
それは学校ブランドに結果的に何らか間接的に作用し、関与し、貢献するものと考えています。

“募集広報”と“スクール広報”の両面

4. 生徒・学生本人はもとより保護者・教員の理解を重視

受験する、志望する学校を理解し、共感することは第一義的に生徒本人マターであることは間違いありません。
ただ未成年の進学・受験生本人だけで志望校を決定できるわけではありません。
進学先は本人たちの意思は尊重しつつも、最終決定権はやはり保護者の意思が決め手です。
また進学を校内で指導する教職員へも同様です。特に進学実績の少ないか無い学校への進学推奨は、生徒の将来をも決定づける可能性が高い教職員は大変慎重になるでしょう。
その意味でも保護者や教職員へのメッセージやインタレスト情報、つまりその深い浅いの程度は別として、本当に我が子、教え子の進学先として、ふさわしいかどうかの評価ができる情報はサイト内で必要です。
ここでの詳細な言及は避けますが、そのコンテンツとして、

  • 卒業生の社会での活躍状況
  • 社会貢献へ資する人材の輩出
  • 建学理念、学校の歴史、将来へ向けたビジョン
  • 校風・学風、教授・教職員の存在
  • 進学・就職実績

これらを必須に基本情報とします。

5. クリエイティブを一体的に策定

スクールブランドを表現するWebサイトのクリエイティブ(創作性)やデザイン性を踏まえ、様々なメディアのクリエイティブをインテグレート(統合)してご提供します。
学校オフィシャルサイトと親和性の高い、紙媒体の学校案内、動画メディアの学校PR動画の学校広報3大メディアをインテグレートしてプロデュースし、その効果を追求することが、弊社の得意ワザです。
ブランドイメージやデザイン統一を図る上で、単にWebサイトのみの制作を超越し、様々なメディアのクリエイティブを連携、インテグレートしてご提供します。

学校広報3大メディア
02
SCHOOL SITE
PRODUCTION

『選ばれる学校』を目指すWebサイト制作

1. 『選ばれる学校』の根源はブランディング

弊社は徹底して『選ばれる学校』を追求しています。
その根源となるところは、前項で言及の通り、スクールブランドです。
どのような学校にもその強弱はあっても、必ず差別的優位性があるものです。その容量が少なくても何かしら特徴が存在するものです。
残念ながらそのようなウリがあっても、そこに気付かず、また気付いてもそこに着目せず、
楽しい、明るい、元気のある、皆が頑張る校風…など、対象のユーザーに対し具体性の無い、情緒的思考やイメージ的アプローチを重ねるアピールです。
これでは残念ながら、その場の瞬間的感情は高まっても、インプリンティングな効果はほとんど期待できません。そうすると、その場限りの印象付けで終わり、あとには記憶が残らない結果になってしまいます。
様々な学校には独自性があり、個性的で、他校には無い要件、それは別に学力や進学率、就職率によらずとも、何か秀でた無形資産を顕在化し、マーケットや社会に向け露出、拡散することを強くバックアップしていきます。

『選ばれる学校』の根源はブランディング

2. 生徒募集のための集客をサポート

生徒、保護者、教職員、進路指導担当と学校サイドのコンタクトポイントは、
学校説明会、入試情報、オープンキャンパス、資料請求等が主になりますが、
ここでも弊社は徹底して『選ばれる学校』を追求するコンタクトポイントを主張しています。

その根源となるところは、前項で言及のスクールブランディング。この点を明確に定義しない集客策はウリを中心とした表現、価値感に乏しいファクトのみの打出し、楽しい明るい自由な環境……
これらはこれで否定はしませんが、これらでだけでは校名の違いだけで、情報の中身はその学校の識別さえ不能です。
とは言え、特徴と称して、どの学校にでもありがちな要件を並べたWebサイトでも大した変化はありません。

“スクールブランド”という概念を用いなければ、そこに踏み込むことは困難です。
弊社ではナチュラルに『選ばれる学校』を基軸とした、生徒募集の広報活動を支援しています。

3. 『選ばれる学校』のWebサイト

学校オフィシャルサイトのメディア展開では、「学校動画」をサイト組込みで併用することも推奨しています。特に動画の情報量の多さ、つまり短時間に視聴覚を通じて大量に、しかも受け身で自然に流入してくるメディアの特徴は、スクールブランドを認知させ、刷り込み効果を狙うのに大変好都合です。
またスクールブランド専門サイトに細分化することも、ブランド重視した学校であることの証左として効果的です。
コンテンツマーケティングやSEOとの連携で特設サイトを運営し、学校オフィシャルや専門サイトへ送客、回遊を促せば、ユーザーの学校理解促進、共感へと導きやすくなります。
しかしながらここで重要なのが、直観性高い学校動画は生徒、受験生には馴染みが良く、刷り込み効果は強く発揮できます。
弊社の違いは、前でも述べた通り、ここに保護者へのメッセージ性、訴求力をしっかり組み込むことです。これは必ずしも動画である必要はなく、その本質は『選ばれる学校』のWebサイトだからです。

4. CMS開発・導入

学校の情報発信はリアルタイム更新が求められます。特に入試情報やオープンキャンパス、その他学校イベント情報は競合校や他校に先駆けて発信したいものです。
その意味で、自社で運用管理できることが必要で、それを実現するためのコンテンツマネジメントシステム=CMSは、もはや学校Webサイトにおいて必須のシステムです。
弊社ではWordPressやMovableTypeをご提案します。

WordPress、MovableType導入イメージ

5. 最新のWebテクノロジーを装備

スクールブランディングや『選ばれる学校』というコンテンツづくりにを重視する弊社ですが、
学校Webサイトのテクニカル要件にもそのこだわりを発揮します。
オープンスタンダードに伴う最新技術の導入による、
マルチデバイスによるPC・スマホ・タブレット対応のレスポンシブデザイン、
セマンティックWebを目指すサイト構造化、
HTML5+CSS3による表現力の多様性に伴う、パララックスなどの視差効果・スクロールエフェクトの表現力、等々。
進化の著しいWebテクノロジーの導入は積極的に行ない、最適なコミュニケーションツールを実現していきます。

PC、タブレット、SPのレスポンシブイメージ

6. UXデザインを重視した導線設計

ブランディングにも通ずる、UX(ユーザエクスペリエンス)を重視したサイト設計を行なっています。
学校Webに訪れたユーザーの体験を重視したインターフェース(UI)の設計、
それによる使い勝手の良さや情報理解度の向上、
欲しい情報にスピーディに行き着く導線設計、
その結果、資料請求、学校説明会など、サイトとしてのコンバージョン力を大きく高めます。

7. 優れたグラフィックデザインによるUIデザイン

Webのデザイン性もWebブランディングに関連づけられます。
弊社ではこのWebデザインにグラフィックデザインの概念を汲み入れ、際立つデザイン性を発揮します。
もちろんオープンスタンダードな概念に基づくUI設計を前提とし、その中で最も適したクリエイティブ性の追求をし、魅力的なクリエイティブ性をご提供します。

03
SCHOOL SITE
PRODUCTION

学校Webサイト制作費ガイドライン

学校のWebサイトを適正価格でサービスと制作物のご提供をいたします。 以下の一覧表はプランとして固定した制作費体系でなく、 規模・機能要因やサイト属性に応じた制作費ガイドラインとしてご参照ください。

学校Webサイト制作費ガイドライン

規模 制作費ガイドライン
10〜20P未満 1,200,000円〜2,000,000円位
20〜30P未満 2,200,000円〜3,200,000円位
30〜50P未満 3,400,000円〜4,500,000円位
50〜100P未満 4,800,000円〜8,000,000円位
100P以上 8,500,000円~

表示額はガイドラインであり、確定価格ではありません。ご予算はご相談ください。

制作費に含まれる基本要件

  • ヒアリング・ファシリテーション
  • 簡易マーケティング分析(標準レベル)
  • 企画策定・サイト設計立案
  • サイトクリエイティブ|UI/UXデザイン制作、取材・コピーライティング
  • マルチデバイス対応|PC・タブレット端末・SPのレスポンシブデザイン
  • HTML5+CSS3コーディング実装、構造化マークアップ、OGP設定、フォーム設置、本番化作業

オプション要件

  • 総合メディア戦略策定|Webを中心とした各種メディア連携のプロモーション戦略等
  • 写真撮影|ロケハン、本撮影、スタイリスト、モデル派遣
  • 多言語ページ|多言語ページ制作、多言語翻訳作業
  • 拡張クリエイティブ|イラストレーション、サイトブランディング、CG制作、キャラクター制作
  • システム開発|CMS開発(WordPress、Movable Type)
  • PHPデータベース構築
  • サテライトメディア|採用サイト、LP専門サイト、ブランディングサイト
  • 動画制作一式|企画、撮影、編集、メディア組込み
  • サーバ関連|ドメイン取得、レンタルサーバ
  • メンテナンス契約|1年契約月額10,000円〜
  • その他別途費用の要件がある場合

関連する各種メディアの制作費ガイドライン

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOを実施するにあたって、リードジェネレーションやリードナーチャリングで必要となる、各種のメディアやツールの統合制作で承っています。その制作費ガイドラインで仕様の一部をサンプルで提示しています。

  • ホワイトペーパー

    30ページ構成 / PDF・PPT|1,000,000円〜
    50ページ構成 / PDF・PPT|1,500,000円〜

  • ダウンロード用資料(簡易版)

    10ページ程度・原稿支給・リライト / PDF・PPT|200,000円〜

  • 製品カタログ

    50ページ構成 / 1000部|3,000,000円〜
    100ページ / 1000部|5,500,000円〜
    デザイン制作・PDF化のみ / 別途見積

  • 会社案内・パンフレット

    8ページ構成 / 1000部|1,000,000円〜
    20ページ / 1000部|2,200,000円〜
    デザイン制作・PDF化のみ / 別途見積

  • 動画・映像メディア

    簡易版動画制作|200,000円〜
    本格映像制作|1,500,000円〜

  • 雑誌広告・業界誌広告

    A4 1点制作|200,000円〜
    出稿費用+入稿手数料|実費+別途費用

  • Web広告・SNS広告

    リスティング広告・リターゲティング広告|別途見積
    Facebook広告|別途見積

  • ブログ記事作成

    簡易取材・ライティング|1記事3.000字以内|60,000円〜
    投稿代行・バナー配置|別途費用

  • WordPressブログ開設

    1アカウント・デザイン制作・操作投稿レクチャー|500,000円〜

  • MAツール

    弊社取扱いMAシステムご紹介|実費+手数料(別途案内)

  • ブランド開発

    ブランディング開発・導入支援|2,000,000円〜
    CI計画【VI・ロゴデザイン・マニュアル一式】|2,000,000円〜

  • 企業キャラクター・マスコット

    企業キャラクター・マスコット制作一式(1体バリエーション)|1,000,000円〜

学校Webサイトのマーケティング戦略

ここではコンテンツマーケティングSEO対策について概要と運用費ガイドラインをご案内します。

コンテンツマーケティング運用費

コンテンツマーケティング導入の調査・分析、運用のための戦略・戦術策定から、年間運用サポートまでのフルサービスプランです。

  • 初期設定費用内訳
    1. マーケティング調査・分析
    2. SEO・コンテンツSEO企画策定| 対策キーワード選定、初期内部対策

    実行サポートは年間契約にて別途費用

    3. ペイドメディア企画策定

    各種広告の出稿は別途費用

    4. リードジェネレーション施策

    各ツールの制作は別途費用

    5. コンテンツマーケティング総合戦略策定

    実行ロードマップ、KPI・KGI目標設定含む

    6. WordPressブログ開設
    7. ブログ記事作成

    初期3記事まで、作成と投稿、これ以上は別途費用(ただし、記事作成ない場合でも費用変動なし)

    8. ブログ投稿レクチャー

    テーマ設定、記事作成、レコメンドバナー配置、SEO内部対策
    記事作成アウトソーシングは別途見積

  • 年間契約サポート費用内訳
    1. 定点観測

    週1回程度継続的に観測(検索順位レポート年6回)

    2. 効果検証リポート&ミーティング

    年2回|コンテンツマーケティングとブログSEOの両面で検証

    3. 再分析・計画再構築

    年1回迄

運用費ガイドライン

初期設定費用|1,200,000円〜

※太字項目が【初期設定費用】に標準で含む
※不要項目が発生しても定額費用とする

年間サポート契約費用|月額180,000円〜
【オウンドメディアSEO・ブログSEOの運用サポート含む】

SEOサポート運用費

本格的SEOの単独導入支援・運用サポートです。

  • 初期設定費用内訳
    1. マーケティング調査・分析

    3C分析、検索競合調査・分析

    2. SEO施策の設計・企画策定

    対策キーワード分析・選定

    3. サイト内部対策・実装
    4. SEO総合戦略策定

    実行ロードマップ、KPI・KGI目標設定含む

  • 年間契約サポート費用内訳

    効果検証や分析レポートを含め、チェックーアクションで仮説・改善提案を行いながら実行

    1. 定点観測

    週1回程度継続的に観測(検索順位レポート年6回)

    2. 効果検証リポート&ミーティング

    年2回

    3. 再分析・計画再構築

    年1回迄

運用費ガイドライン

初期設定費用|700,000円〜

※小規模|500,000、中大|1,000,000
※太字項目|【初期設定費用】に標準で含む
※テーマ性による別途費用変動

年間サポート契約費用|月額120,000円〜

SEO調査分析プラン《Regular版》

SEOやコンテンツSEO導入前の市場調査、競合分析、想定戦略を提示するレポーティングプラン。本格導入への足掛かりに! 

  • プラン内訳
    1. マーケティング調査・分析

    3C分析、検索競合調査・分析

    2. 検索キーワード分析

    キーワード調査、調査した検索キーワードによる検索市場調査

    3. 競合分析

    競合分析を検索競合、リアル競合に仕分けして調査・分析

    4. 想定戦略シナリオ作成
    5. SEO調査分析レポート作成
    6. レポート報告会
  • プランの取扱い基準
    • 調査分析期間は標準で約2ヶ月です。
    • レポート報告会はご依頼企業内にて行うか、ご希望でリモート開催も対応します。その際はレポートドキュメントを事前交付します。
    • このレポート結果によって、正式にSEO、コンテンツSEOの弊社運用サポートをご希望の場合、前出「SEOサポート運用費」「コンテンツSEOサポート運用費」、それぞれの「初期設定費用」に吸収し、「年間サポート契約費用」のみとなります。
プラン費用

800,000円

SEO調査分析プラン《Lite版》

前項《Regular版》をベースに、導入しやすい簡易的としてご提供します。SEOやコンテンツSEO導入前の現状分析、検索市場の実態をレポートする、Liteなレポーティングプランです。まずは気軽にリサーチ!

  • プラン内訳
    1. マーケティング調査・分析

    検索競合調査・簡易分析

    2. 検索キーワード調査

    想定キーワード調査

    3. 競合分析

    競合調査と簡易分析

    4. 想定戦略簡易シナリオ作成
    5. SEO調査分析の簡易レポート作成
    6. リモート報告会開催
  • プランの取扱い基準
    • 調査分析期間は標準で約1ヶ月です。
    • レポート報告会はリモート開催とします。レポートドキュメントを事前交付します。
    • このレポート結果によって、正式にSEO、コンテンツSEOの弊社運用サポートをご希望の場合、本格調査・分析が別途必要になります。
      費用については弊社担当者へお尋ねください。
    • ただし、前出「SEOサポート運用費」「コンテンツSEOサポート運用費」、それぞれの「初期設定費用」に当費用分をその一部として吸収します。
プラン費用

300,000円

04
SCHOOL SITE
PRODUCTION

よくあるご相談・お問合せ

学校Webサイト制作の単体制作から、動画、学校案内メディアの統合制作まで、様々なご相談を承っています。お気軽にお問合せください。

  • 学校のブランドイメージを強化するWebをつくりたい…

    学校種別に関係なく、また規模、偏差値、知名度等に関係なく、学校が持つブランド力は必ず存在します。それは学校が持つ有形・無形の資産価値を捉え、競合校、他校との差別性や優位性を可視化、言語化し、プレゼンスを明確に示すものです。この作業を弊社にお任せいただければ、客観的なマーケティング分析も交え、主観や先入観を排除する学校ブランディングを実現、そのコンセプトを遍く反映させた学校Webサイト制作を実現します。

  • 知名度で劣る弊校の生徒募集対策をWebでやりたいが…

    承知しました。なかなか難易度の高いプロモーションになる可能性がありますが、まず弊社では様々なファクターを先入観無くリサーチし、学校の現状認識を行います。学校の特徴・強み、校風・キャンパスイメージ、建学の歴史、校区・通学圏、課外活動・部活……
    その上で、最適な募集広報の手段を選定し、ご提案します。
    しかしながら、知名度が薄い学校の募集広報の場合、やはり知名度のある学校が優位なのは間違い無く、深い考察や分析が無く投入すると、効果が得られなくなります。

  • 学校動画を活かすWebリニューアルをしたいため、動画とWebを一緒につくりたい…

    学校Webのリニューアルを機に学校PR動画を作成し、Web上での視聴を可能とする動画組込みのご依頼は多くなりました。弊社ではWebのリニューアルはもちろんのこと、学校PR動画の制作を弊社標準で承っています。学校ブランディングや『選ばれる学校』の集客効果を狙い、両メディアを統一コンセプトの下、それぞれのメディアの特徴を活かした適材適所のプロデュースを行います。
    これが弊社で一括して請け負うことによる大きなメリットです。

  • 学校オフィシャルサイトと学校案内を連携してつくりたい…

    学校広報の代表格となる公式広報メディアですが、通常であればWeb制作会社と広告プロダクションに分けて別々に発注するケースですが、弊社ではいずれも標準で制作するメディアですので、一切のご懸念なく依頼いただけます。何と言ってもシームレスなブランドイメージ、統一デザイン・コンテンツで創り上げることが最大のメリットです。

【ご相談・お問合せ】

  • 東京本社窓口

    TOKYO

    TEL: 03-6434-7037

    お電話受付/10:00〜17:00(土日・祝祭休)

  • 大阪本社窓口

    OSAKA

    TEL: 06-4400-5045

    お電話受付/10:00〜17:00(土日・祝祭休)

  • 無料ホームページ相談

    CONSULTATION

    訪問による対面打合せ、オンライン打合せのいずれも対応しますので、お申し付けください。
    TEL: 03-6434-7037

    お電話受付/10:00〜17:00(土日・祝祭休)