制作ステップ・費用

[ページデザイン]

企業のブランドイメージに添ったクオリティと
誰にでも操作しやすいインターフェイスデザインの両立を。

インターフェースデザインとクリエイティブデザインを明確に区分しますが、まずキービジュアルの策定やサイトブランディングからモチーフや基本デザインを提示します。ワイヤーフレームレベルで最適なインターフェースを数案提示し、その方向性が決まった段階でインターフェースとキービジュアルモチーフをマッチングさせ、TOPページデザイン案、並びに下層ページデザイン案に反映させインターフェースデザインとして決定します。

■ブランドイメージ(企業価値の表現)

biImg01.jpg企業や商品・サービスのクオリティ、差別性・ウリ、コンセプトなどを価値観や存在観として視覚的、イメージ的に、ユーザーやターゲットに発信する、これが ブランディングの原点です。一般的にブランドイメージなどということばで表現されることが多いですが、企業の場合はCI=コーポレート・アイデンティティ としてブランディングに結びつけることがでより大きな価値を訴求できます。デザインコン セプトを決定していくプロセスとして極めて重要な要因であると弊社は考えます。

■インターフェイスデザイン(導線・操作性のデザイン)

ユーザーのほしい情報にスピーディにシンプルにナビゲートするウェブのインターフェース。ページ数が多く、カテゴリが複雑に入り組むサイト構成の場合、ま さにプランナー、デザイナーの腕の発揮どころです。単にスムーズな情報の伝達、ユーザビリティを実現するだけでは、次世代のウェブサイトとして魅力はあり ません。機械的で整然と並んでいるリンクボタは、ユーザーに対して動機付けはかないません。縦/横、色、形、大き さ、書体とそのサイズ、質感・素材感・・・、これらを総合的にバランスよく、また見栄えよく、さらにブランディング もきちんと反映されたインターフェースデザインを行うため、様々な見地から検証を加え最適なデザイン性を追求します。

ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ 東京 大阪 名古屋 横浜 福岡 広島 仙台 札幌 多摩 銀座 埼玉 福島

東京都港区赤坂4丁目9-17

横浜市中区不老町1-2-1

大阪市北区梅田1-11-4

福岡市中央区薬院1丁目六番9

名古屋市東区東桜2-9-34

広島市中区大手町3丁目8-18-201

仙台市青葉区中央4-8-15

札幌市中央区南二条西7丁目一番5

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-26-4

お問合せはコチラ

ホームページ無料診断

ホームページ相談室

ページのTOPへ

文字サイズ
  • −
  • 標準
  • +
  • 印刷
ご相談・お問合せ 東京 大阪 名古屋 横浜 福岡 仙台 札幌 多摩 銀座 埼玉 福島お問合せはコチラ

ホームページ相談室

ホームページ無料診断

ケーススタディー

よくあるご質問

ホームページのリニューアルをご検討中の方へ

はじめてホームページを作成される企業・事業部のご担当社様へ

ホームページへの集客が伸びずお悩みのご担当社様へ