サービス

[コーポレートサイト]

企業の[看板]としてふさわしいコーポレートサイトを
ブランディングの視点から企画・ご提案し、
開発から運営までを一貫してサポートいたします。

corp01.png■コーポレートサイトは企業の[看板]です。

コーポレートサイトを、デジタル版の会社案内と思われていませんか。今やWEBサイトはブランディングの核となるメディアです。企業のふさわしいデザインであることはもちろん、ブランディング戦略に則った機能性やユーザビリティを備えている必要があります。ユーザーはお客様や取引先のみならず、株主・投資家、採用ターゲット、地域住民や社員様と幅広く、それぞれのニーズと情報のマッチングがコンテンツ設計の要となります。ブランディングを導入されている企業様には「ブランディング」に対して深い理解のあるパートナーが、ゼロからのコンテンツ企画を望まれる企業様には強みや特長を明確にコンテンツ化できる企画力のあるパートナーが必要です。ホームページ専科はいずれのケースにも柔軟に対応できる、実績ある専門サイトです。

 
■コーポレートサイト開発は、
ブランディング・プロジェクトに近いステップです。

実は、コーポレートサイト開発の過程で、ブランディング・プロジェクトに変化していくことが少なくありません。本来サイト開発は、目的の明確化にはじまり、自社・競合・ターゲットの再確認、各部署への取材とコンテンツ化、運営体制の整備まで行うものです。プロジェクトチームの皆様は自社の強みをはっきりと捉え、その表出に対する感度を高めます。また各部署の社員様を巻き込みながら制作を進めるインナーキャンペーン的な活動が、社員様の意識改革につながるのは自然な流れです。こうして自発的に生まれたコーポレートサイトは魅力的であり、事業活動と高い親和性を発揮します。言い換えれば、多くの社員様の意見を吸収・調整しながら制作を遂行できるパートナーでなければ、このような効果が望めないということ。仕上がりだけでなく、完成までのステップと運営を含めたサポートがポイントになります。
 

■本当に重要なのは公開の後。だからサポート力が不可欠です。

WEBサイトの目的は公開することではなく、その後継続的に狙い通りの効果を上げることにあります。ターゲットを集客できているか、訴求したい情報は伝わっているか、求めるレスポンスがあるかなど、定量・定性的な測定と分析が必要です。効果に課題がある場合は、問題を抽出し仮説を立て改善していくPDCAの改善が不可欠であり、パートナーには分析力と問題解決力が求められるでしょう。アクセス数の改善にはSEOのスキルが必要となります。レスポンス率が低いのであれば、LPO(Landing Page Optimization)のノウハウや制作との一元化が力になります。ホームページ専科は、これらをトータルにサポートする専門サイトです。より詳しいご説明やご相談はお問合わせください。

制作の流れ・費用無料診断

関連コンテンツ

ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ 東京 大阪 名古屋 横浜 福岡 広島 仙台 札幌 多摩 銀座 埼玉 福島

東京都港区赤坂4丁目9-17

横浜市中区不老町1-2-1

大阪市北区梅田1-11-4

福岡市中央区薬院1丁目六番9

名古屋市東区東桜2-9-34

広島市中区大手町3丁目8-18-201

仙台市青葉区中央4-8-15

札幌市中央区南二条西7丁目一番5

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-26-4

お問合せはコチラ

ホームページ無料診断

ホームページ相談室

ページのTOPへ

文字サイズ
  • −
  • 標準
  • +
  • 印刷
ご相談・お問合せ 東京 大阪 名古屋 横浜 福岡 仙台 札幌 多摩 銀座 埼玉 福島お問合せはコチラ

ホームページ相談室

ホームページ無料診断

ケーススタディー

よくあるご質問

ホームページのリニューアルをご検討中の方へ

はじめてホームページを作成される企業・事業部のご担当社様へ

ホームページへの集客が伸びずお悩みのご担当社様へ